COLUMN

クラビズコラム

クラビズで見つけた、Webディレクターという選択

クラビズで見つけた、Webディレクターという選択

色々もがいてたデザイナー時代

クラビズでWEBディレクターを担当している、くろと申します。
音楽がとにかく大好きで、時々DJをしたり、たまに小さな音楽イベントを企画することも。
性格はどちらかと言うと人見知りで、幼いころは部屋で静かに絵を描くのが好きなタイプの子供でした。

 

そんな私は次第にデザイナーになりたい!と思うようになり、
大学でデザインの勉強をした後は、色々な場所でデザインの仕事をしてきました。

【例えば、こんなことをやってました。】
・製造業の会社で、プロダクトデザイン(のようなこと)
・広告代理店で、フリーペーパーや広告、営業ツールの制作
・デザイン事務所で、WEBやブランディングデザイン

その後クラビズでWEBディレクターとなり、新たなキャリアをスタートさせました。

 


デザイナー時代によくデザイン本を買って勉強してました。
今も仕事の参考にするため愛読しています。

 

そもそもWEBディレクターとは?

私たちディレクターは、お客様と社内の橋渡し役として動きます。
ホームページの企画立案や見積もり作成、スケジュール管理などを行い、
お客様の要望に合った仕様やデザインになるよう社内に働きかけます。
WEBディレクターという職業は岡山や倉敷には多くいません。
会社によりますが、クリエイター自身がプロジェクトの進行管理、
見積もりなど、デザイン以外の仕事に追われることも多くあります。

 

クラビズの場合ですが、営業・ディレクター・デザイナー・コーダー・ライターが1つのチームで動きます。
私たちディレクターが進行管理を行い、デザイナーはなるべくデザインのことに集中し・・・と、
チームの中で分業して一つのものを作り上げます。
いつも複数人の体制でお客様に寄り添っていけることは、
地方のデザイン会社ではなかなか難しいことで、クラビズの強みだと私は感じてます。

 

キャリアチェンジして感じること

他社でデザイナーをしていた頃は、進行管理なども自分でしなくてはならず、
「ディレクターがいてくれたら良いのに…」と思うこともあったのですが、
次第に、「じゃあ逆に自分がそういう立場になればいいのか…!?」と感じるようになっていました。
転職のタイミングで、クラビズのディレクター職を見つけました。
今後の自分のためにも、そして岡山でデザインの仕事を頑張りたいと思う誰かのためにも、
ディレクターになるのもアリかも?と思い、挑戦してみることにしました。

 

今私は、ホームページ制作を中心に、WEBに関する幅広いお仕事に携わらせていただいています。
コーポレートサイトやECサイト(ショッピングサイト)
WEBサイトの運用保守、LP、企業や商品のブランディング、予約システムの制作など、色々と担当してます。

 

自分が考えたものが、デザイナーやコーダーの力で素晴らしいものとして上がってきたときは
いつも本当に嬉しいですし、担当しているお客様のサイトのアクセスや、
コンバージョンが向上したときは最高の気分です!
正直、自分がカタチにするよりも、誰かに良いデザインを作ってもらうために
動くほうが、しっくり来ている感じです。
若かりし頃は、自分にとってデザイナーが天職だと思い込んでましたが、実はそうでもなかったようです。

 

人生をディレクションしていく

ちなみに私は趣味でDJをやっているのですが、
集客活動をしたり、楽しそうな企画を考えたり、誰かと一緒にイベントをつくり上げるなど、
人と協働して何かをやるという機会がとても多いです。
なので、仕事で経験していることが、すごく趣味にも活きています。
元々人見知りな性格だったこともあり、ディレクションスキルを磨くことは、
私にとって人生そのものを良くしてくれる道標かもしれないと感じています。

 

厄年に親から「首に巻く長いものを買いなさい」と言われ、
新調したDJ用ヘッドフォン。首に巻くし、長いのでOKですよね…?

 

クラビズにはKAGもあるので、仕事のつながりだけじゃなく、
音楽つながりでたくさんの方と知り合えるので、とても嬉しいです。
これからも楽しみながら、倉敷の街から素敵なWEBサイトと素敵な音楽を発信していきたいです!
たまにKAGに出現してますので、もしお会いすることがあればぜひ色々お話しましょう!