COLUMN

クラビズコラム

2021.12.29
雑記

2021年、年末の大掃除を行いました。

2021年も残すところわずかとなりました。
コロナ禍からおよそ2年が経ち、新しい生活様式も当たり前になりつつありますね。

さて、本日12月29日は仕事納めの大掃除です。
倉敷駅前本部、KAG、KURASHIKI lab.(五日市事務所)を綺麗にして新年を迎えます。

倉敷駅前本部の大掃除の様子
倉敷駅前本部の大掃除の様子
倉敷駅前本部の大掃除の様子
倉敷駅前本部の大掃除の様子

倉敷駅前本部の階段やデスク周り、収納の整理整頓をしたり、
来年もお客様が心地良い空間を楽しめるよう、KAGもピカピカばっちりです。

KAGの大掃除の様子
KAGの大掃除の様子
KAGの大掃除の様子
KAGの大掃除の様子

断捨離のおかげでゴミの山が。
KURASHIKI lab.では模様替えや花材の大移動も行われました。

KURASHIKI lab.の大掃除の様子
KURASHIKI lab.の大掃除の様子
KURASHIKI lab.の大掃除の様子
KURASHIKI lab.の大掃除の様子

お昼はみんなでピザを囲み、1年を振り返ったり、来年の目標を話し合うなどしました。

秋葉社長の挨拶の様子
ランチの様子

ちなみに、大掃除のルーツは【 煤払い(すすはらい)】だそうです。
電気のない時代は囲炉裏やかまどで薪を燃やしてお風呂を温めたり、炊事をしていました。
その時に溜まった煤を払うことが掃除の象徴であり、新年の神様「歳神様(としがみさま)」を綺麗な状態で迎えようという清めの行事として行われていたのだそう。
綺麗にするって気持ちがいいですよね。
今年の汚れは今年のうちに。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。