WEB COLUMN

SEO対策高機能解析ツールおすすめ3選! 2017.01.11

おススメのSEO対策に関するツールをご紹介します。

ホームページを運用するにあたってSEO対策は必須。

しかし、ホームページがどんな状態なのかを把握するのは手間がかかります。

そこで、今回はウィドックに掲載されていた中から特におすすめのツールをご紹介します。

国内おすすめSEO解析ツール「SEOTOOLS」

評価がポイントで表示され見やすく、現状のサイトを知るのに最適です。

ただ、あまり信用しすぎず、参考程度にしておいた方がいいかもしれません。

 

国内で提供されているSEOの内部対策のためのチェックサービスで、私的に国内のSEOチェックサービスでは一番使いやすくて分かりやすいです。チェックできる項目もSEOアクセス解析、バーサス、キーワードプランナー、検索順位、被リンクとチェックできる項目も多岐にわたり非常に便利です!

チェック後は各項目毎に改善案が表示され、総合評価のスコアがも表示されますので、自分のサイトのどこが弱いのかを一目で把握できて非常に参考になります。

ただ、しばらくアップデートされていないので、現在は廃止になった「Google ページランク」の項目があったりするので、早めに現在のアルゴリズムに対応した解析内容にバージョンアップして欲しいですね。

高機能の海外SEO解析ツール「nibbler」

英語なので英語が苦手な人にはおすすめしません。たとえ翻訳しても多少意味合いが違ってきます。

また、テストできるサイトに制限があります。しかし、評価内容が充実しているのでおすすめです。

こちらも、あまり信用しすぎず、参考程度にしておいた方がいいかもしれません。

海外サイトですが、非常に多くの項目のチェックができて、各項目毎にスコア表示されるので一目で自分のサイトの弱点が把握できる。すべてが英語表記ですが視覚的に非常に分かりやすいです。問題のある箇所で「▼」をクリックすれば、改善策が提示されています。改善策も英語で表記されていますが、Google翻訳などにコピペすればだいたいの内容は理解できるので問題もありません。

ただし、言語が「en_US(英語)」での解析なのでキーワードなどの抽出など参考にならない箇所もありますが、このマイナス面を差し引いてもかなり使えるツールです。これの日本語版も是非作って欲しいです!

URL:http://nibbler.silktide.com/

参照元:http://www.we-dok.jp/blog/webdesign/website-check-summary/

オリジナルチェック項目のあるSEO解析ツール「SEO SiteCheckup」

nibbler同様英語なので英語が苦手な人にはおすすめしません。

ただし、オリジナルの項目もあるので是非試してみてください。

こちらも海外サイトで非常に多くの項目のチェックができます。総合評価がスコアで表示されて現在のサイトの状況が一目で把握できます。nibblerと同じですべてが英語表記ですがGoogle翻訳を使えば何の問題もありません。また、こちらも言語が「en_US(英語)」なのでキーワードなどは参考になりません。nibblerには無い項目もいくつかあるので、さらに多岐にわたる解析ができるのは便利です。

ただ、現在はアルゴリズムで無効化されたMETA Keywordなども解析されているので、今後、最新のアルゴリズムに対応したバージョンがでることに期待ですね。

URL:http://seositecheckup.com/

参照元:http://www.we-dok.jp/blog/webdesign/website-check-summary/

まとめ

既存のサイトがどのような状態なのか把握できたら修正を行っていきましょう。

場合によってはリニューアルが必要かもしれません。

集客を念頭に入れたホームページを作るためにも今一度自社ホームページがうまく活用できているのか

知ることでホームページを運用することへとつながってきます。

 

 


086-424-8877
この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

MFI導入はいつ?レスポンシブ対応にするなら今!

EC Campで学んだ最新情報!ネット社会で生き抜くWEBの活用方法とは!?

採用サイトの主題の重要性とは?/ダウンロード資料内容は!?

サイト制作について