WEB COLUMN

SEO対策で失敗するホームページ!今すぐ改善 2016.12.27

第4回SEO対策勉強会での最新記事と内容を公開しています。

 

動画SEOにおける「字幕」の効果

あくまでもテキストと同じ効果ですが、もし動画をホームページへ埋め込んだ際には抑えて起きたいポイントになります。

YouTubeのアカウント画面から「クリエイターツール」を選択し、動画の管理画面の「編集」のプルダウンから「字幕」をクリックすると、字幕を追加することができます。その字幕に含まれるキーワードでオーガニック検索したところ、検索結果の4位に表示されました。

引用:itnet

→勉強会を動画配信し、字幕を入れることでキーワードを入れていく。

 

コンテンツの公開だけでは不十分?拡散に使いたい3つの手法

いくら良いコンテンツを作っても誰にも見てもらえなければ意味がありません。

コンテンツを作ったら拡散させる必要があります。

今や当たり前になっているものですが、抑えておきたいポイントです。

・ネイティブアド広告
これまで考えられてきたSEOは、あくまでWebページの検索順位を上げる施策。リスティング広告をはじめとしたSEMとは別枠で捉えられていましたが、広告メディアが多様化し続けるなか、SEO効果を目的として広告を活用することも1つの方法です。

・SNS
手軽に更新できる、FacebookやLine、TwitterといったSNSもコンテンツの拡散には効果的です。一般的にB to Bの商材・サービスを扱う企業の場合はFacebook、Twitter、B to Cの場合はInstagram、Lineと相性がいいと言われています。

・プレスリリース
コンテンツを拡散させるためにはプレスリリースも有効な手段。自社のコーポレートサイトはもちろん、現在ではプレスリリースを専門に配信するサービスや、各企業のプレスリリース受付用のメールアドレスなどもあります。それらを利用すればより配信面が広がり、高い拡散効果も期待できるでしょう。

引用:itnet

クラビズでできること

→個人ブログを利用し、自社ホームページと連王して使っていく。

→「はてなブックマーク」利用。登録して記事投稿できるか?

 

検索結果にトップページが表示されない理由

自社作成HPで会社概要が検索で最上位に来てしまうなどの減少が起きたことはありませんか?

そんな時にチェックしておきたい項目がありました。

1.クエリに応じたページを出している

2.トップページよりも多くの被リンクを集めている

3.サイト内の共通部分が多い

〇問題点と対策

  • TOPに内部リンクや被リンクを集める。
  • 会社概要ページからTOPページにユーザーが流れるようにTOPに戻るボタンを大きく入れて導線を作る。
  • TOPページに会社名をたくさん入れる。テキスト量を増やす。

 

なぜかGoogle検索でWordPressメディア上の画像が検索結果に!?

弊社のホームページが落ちいってしまった検索結果に画像ファイルがひかかってしまいました。

対応策の紹介です。

〇All in One SEO Packを使うとチェックボックスで選べるが、チェックし忘れると後々

大変になる。

→「sitemap.xml」を使うようにする。

参考サイト:スモービズ

 

 

 

15万記事を分析してわかった、クリック率を20%高める「記事タイトル」3つの法則とは?

タイトルはユーザーの興味を引き、seo対策としてもとても重要なものになってきます。

そんなタイトルの付け方は非常に悩むもの。悩んだ時に参考にしてほしい記事です。

どれだけ信憑性があるかはわかりませんが、なんだか納得してしまいました。

1.8ワードのタイトルがクリック率が最高に。※英語の場合に限る。

2.サムネイル画像を入れるとクリック率+27%

3.偶数よりも奇数のほうが20%も吸引力がある

参考サイト:note

 

→心理的効果で、偶数だと選ぶことにハードルを感じるが、奇数だと自分で選んだと感じ、満足感を与える。

→記事を書くうえでも気にして書くと効果がある可能性が。

→偶数になってしまった場合には1つ加える。加えた一つは「おまけ」として記事を書き、疑問形で終わらせるとよい。

 

 

SEO対策記事一覧はこちら

ホームページ制作についてはこちら

 


086-424-8877
この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

MFI導入はいつ?レスポンシブ対応にするなら今!

ECサイト最新情報!ネット社会で生き抜くWEBの活用方法とは!?

採用サイトの主題の重要性とは?

サイト制作について