WEB COLUMN

サイト運用・保守 2016.10.23

あなたの会社にホームページの担当者はいますか?

「もちろんいる」と答えた方にお伺いします。

その方は専属でしょうか?

残念ながら専属ではなく、他の業務と兼任という方が多いのではないでしょうか?

 

ホームページは作ったらそれで終わりではない

ホームページは作ったらそれで終わりというものではなく、運用していって初めて成果・効果が見えるものです。

「ホームページを完成させてからが始まり」とよく言われるように、完成させるだけでは何も変わらないことがほとんどです。

ホームページでの集客・効果を望むならサイトを日々更新・修正して改善していく必要があります。

私たちはホームページを作るだけでなく、運用・保守も行っております。

 

自社内でホームページの運用をしていく難しさ

「社内の担当者に任せているから大丈夫」。

本当に大丈夫でしょうか?

「ホームページの運用を自社でしているけど本当に効果があるのかわからない」

そうおっしゃられるお客様が最近増えてきています。

最近はweb制作の技術がどんどん進化しており、wordpress等の自社内で更新が可能になるコンテンツマネージメントシステム(CMS)をサイト制作に取り入れられているお客様が大勢います。

そうして自社内での更新業務は増える一方、問い合わせ・購入にはなかなかつながらないということがよくあります。

なぜそういったことが起こるのでしょうか。

 

ホームページの運用には分析・計画・実行・改善のサイクルが必要になる

ホームページで成果を出すにはあらゆる角度からホームページを分析・解析する必要があります。

  • そもそも集客がうまくいっていない
  • サイトは見られているけど視認性が悪いためほとんど中を見られない
  • スマートフォンで見るとパソコン用サイトに飛ばされる
  • 問い合わせにつなげる導線が少ない
  • ユーザーが検索をほとんどしないようなキーワードで集客を狙っている
  • FacebookとtwitterとInstagramのどれに手を出せば良いのかわからない
  • ブログをずっと更新しているけど身内が見てくれるだけ

 

上記のような問題に対して社内で解決まで導くには、知識・経験のある人間を担当者として自社サイトの分析・改善を日々行う必要があります。

そのようなwebマーケッター・ディレクター・運用者の採用だけで年間300万円〜600万円程度の投資が必要になり、そのような費用をホームページの運用にかけるのはなかなか難しいのではないでしょうか?

 

制作・運用を自社内で全て一貫

私たちは多くのサイトの制作・運用を自社内で全て一貫して行っているからこそあらゆる段階でお客様のサイトの運用が可能です。

  • 事業環境・市場(お客様)・競合を分析します。
  • 御社の強み・弱みを把握します。
  • 御社のサイトを分析します。
  • 必要なコンテンツ(情報)・システムの追加を提案します。
  • インターネット広告の運用を行います。
  • SEO対策を実施します。

 

もし今のサイトに対して疑問・不満が少しでもあれば、お気軽にお問い合わせください。

お伺いし、お見積作成・ご提案まで無料でいたします。

 


086-424-8877
この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

MFI導入はいつ?レスポンシブ対応にするなら今!

EC Campで学んだ最新情報!ネット社会で生き抜くWEBの活用方法とは!?

採用サイトの主題の重要性とは?/ダウンロード資料内容は!?

サイト制作について