WEB COLUMN

初めてホームページを作る方へ 2016.10.29

ご依頼のその前に・・・

インターネットが世の中に広く浸透し、なくてはならない存在となっている現代。
ホームページは今や、最も宣伝効果の高い広告媒体と言っても過言ではないでしょう。
それなのに、戦略的に活かしきれていない「惜しい」ホームページが多いのも事実。
単にインターネット上に在るだけで、何の効果も生み出さないホームページでは、わざわざお金をかけてまで作る意味がありません。

  • どういったターゲットにどのような情報を発信するか。
  • また、そこからどう利益に結びつけていくのか。

これから作るホームページを集客率、販売促進に直接つながる「価値のある広告媒体」にするためにも、まずその目的と役割をハッキリとさせておくことが大切です。

制作会社にも向き不向きがあります

ホームページ制作会社と一口に言っても、その業態によって得意とする分野、苦手な分野があります。

一概には言えませんが、例えば印刷物のデザインから派生してホームページ制作も行っている場合、デザイン性は高いけど複雑なコーディングやシステムの構築になると対応ができないというケースが多いです。
逆に制作を請け負っている会社がシステム会社である場合、デザインに関しては外部発注していることがほとんどです。

またいずれの場合も、制作物のクオリティだけが重視されて、やたらに読み込みが遅い、検索エンジンに引っかからない、一向に集客に結びつかないなど、公開後に様々な問題が浮き彫りになるということも少なくありません。

弊社では、全ての工程をワンストップで行っています。
デザインはもとより、機能的かつ効率的なシステム開発から検索エンジン対策まで、あらゆるニーズに対応いたします。

「格安!」には裏があります

  • 制作料無料! 月々〇,〇〇〇円でホームページが作れます!

こんな広告を目にしたことはありませんか?
初めてホームページを作ろうとしている方にはとても魅力的なキャッチフレーズですが、実際には、そのほとんどがリース契約で、トータル的な金額が実際の相場価格を大きく上回ってしまうということが多いようです。
支払い続けている内にそれに気が付いたとしても、「リース」なので途中解約ができません。
例えそれが、自身の納得のいかないホームページであったとしても・・・。

また「格安!」を謳い文句に、破格の値段で請け負っている制作会社も少なくありませんが、実際に出来上がったものがテンプレートに画像やテキストを当て込んだだけの稚拙なものだったと言う話を良く聞きます。

「できるだけ安く作りたい」からと、安易に「価格の安さ」だけで制作会社を選んではいけません。
その「安さ」には、必ず理由があるのです。

あとになって「失敗した・・・orz」と思わないためにも、「安いかどうか」ではなく、「適正な価格かどうか」で選択することをオススメいたします。

「見た目」だけを重視する時代は終わりました

9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_m
パソコンの普及率に合わせて、インターネットの利用者も急速に増えています。

「ホームページを見る」ことが生活の一部ともなっている今、想像する以上にインターネットユーザーの目は肥えています。
見た目が良いのは当たり前。
ユーザーが求めているものは、その先にある「情報量」「有益性」「利便性」であり、単にデザイン性が高いだけのホームページだとすぐに逃げられてしまいます。

またせっかく作っても、検索に全く引っかからないようでは、まず広告媒体としての意味がほとんどありません。

弊社では、単に「美しい」「カッコいい」だけでなく、ユーザーの利便性、検索エンジン対策としての最適化も考慮した『裏の裏まで考えたホームページ作り』を心がけています。
あなたのお店、会社に利益をもたらす「意味のあるホームページ」を提供いたします。


086-424-8877
この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

EC Campで学んだ最新情報!ネット社会で生き抜くWEBの活用方法とは!?

採用サイトの主題の重要性とは?/ダウンロード資料内容は!?

不動産会社ホームページ制作のポイント

サイト制作について