MEDIA COLUMN

【不動産にまつわる話11/04号】中古住宅×リノベーションで売り出す 2017.11.02

リノベーションとは、単なる中古住宅の改修とは異なり、傷んだ箇所の補修にとどまらず、

住まいそのものを住む人のライフスタイルや現代の価値観に合わせて「住みやすく造り変える」ことといわれています。

しかし、リノベーションにはただ家を住みやすくするだけではなく、売却や環境条件などの面でもメリットが沢山あります。

 

中古物件は古くなると商品価値が下がってきてしまいますが、リノベーションすることで物件の魅力を高めて入居率を上げたり、

転売時の価値を上げたりしながら不動産を効率的に運用できます。

最近では「リノベーション済み住宅」にはブランド的な付加価値があると考える人も増えていますし、

「あえて新築をやめ、リノベーション住宅を選ぶ=エコな暮らし」という新しい価値観も生まれています。

これからは、リノベーション住宅であることを訴求ポイントとして物件を積極的に売り出すのも効果的です。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【不動産にまつわる話】…不動産情報誌のプロ、Classs不動産営業担当の須田がお届けするコラム。

不動産にまつわる役立つ情報を不動産広告のプロの視点からお伝えします。

 


086-424-8877
この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

【不動産にまつわる話11/04号】中古住宅×リノベーションで売り出す

【不動産にまつわる話10/21号】「不動産テック」という言葉を知っていますか?

【不動産にまつわる話10/7号】最近の岡山の不動産動向は?